(私のために)と副作用 - アロプリノールのためのポストイメージが動作しません

アロプリノールの作品 - と(私のために)副作用なし

1日1回アロプリノールピルと月の約カップルの後、最近の血液検査は、私の血中の尿酸の量は、今まさに男性のための420ピコモル/ Lの限界の内側に来ることを明らかにした前に、約500ピコモル/ Lとしました

幸いなことに、私はしていない - これまでのところ、私は気づいているよう - アロプリノールにいくつかの副作用を経験しました。 私は読んでいたとき、通常、私は、フェブキソスタットはアロプリノールよりも低い音量で、より効果的であったが、製品の既知の医者ではない、と私は医者はおそらく唯一の件名に、いくつかのアメリカの研究を読んでいる人は、私より多くを知っていることを前提としていることを少し懐疑的でした :) だから、すべてのアロプリノールのためであり、それはまた、尿酸が倒さ取得に取り組んできました。

アロプリノールによって、だけでなく、鎮痛剤NSAIDおよび他の手段ではないだけ - それは実際にはあまり明らかにされている幸運な副作用ですので、ちょうどの副作用を丸めます。 あなたはこれらの副作用としては、どのようにの写真を見ることができます 肌への影響、huddoktorによって- クリックしてここに。 もちろん、副作用がかなり頻繁に誰にでも起こるか何かではないですが、それにもかかわらず、それはあなたの薬は不幸な事が可能であるかを知るには少し難しいです :)

内容は役に立ちましたか? 他の人とそれを共有します:

関連記事:

comments… add one now } {0コメント... 1を追加し、今}

コメントを残します

trackbacks } {2}トラックバック